作業員

賃貸住宅の退去後は現状復帰の必要があります

オフィス移転のときは

工具

オフィス移転を考えている企業の間で人気があるのは、原状回復工事の料金が割安で、作業もスピーディーに行う解体業者です。各業者の見積書の内容を比べて原状回復工事を発注したり、設備の買取サービスを利用するのがポイントです。

部屋を元の状態に戻す

空室

退去時に行われることとは

賃貸住宅を借りていた人が契約期間満了もしくは解約などで退去する際には、借りていた部屋を現状復帰させる必要があります。部屋を借りる際に家主と賃借人との間で賃貸借契約が交わされますが、この契約が解除されると、法的には契約自体が最初から存在してなかったことになります。そのため、賃借人には部屋の現状復帰義務が生ずることになるのです。不動産賃貸における賃借人の現状復帰義務のことを、特に原状回復と呼んでいます。平たく言うと、部屋を入居前の状態に戻す義務なのですが、経年劣化による自然損耗の現状復帰義務までを負うわけではありません。原状回復をめぐる家主・賃借人間で、賃借人は自らの故意・過失・善管注意義務違反などにより発生した損耗・毀損を回復させる義務のみ負うのが原則となっています。

専門業者を利用する

部屋の現状復帰義務を負っているのは賃借人の方ですが、実際に業者に原状回復工事を依頼するのは家主であるのが一般的です。部屋を借りる際に、家主に対して家賃1〜3ヶ月分程度の金額の敷金を支払っているケースが多いですが、敷金は原状回復費用の引き当てにされることが予定されているお金です。退去時に修繕しなくてはならない所ができていたら、このお金を使って直してくださいという意味合いで、あらかじめ家主に預けておく費用が敷金なのです。工事費用が家主の手元にあるため、工事の依頼も家主が行うのが一般的になっているわけですが、原状回復範囲の確認については家主と賃借人が一緒に行います。契約当事者間の話し合いで賃借人が負担すべき原状回復範囲を決めるのですが、無用なトラブルの発生を避けたいのであれば、その場に原状回復工事業者にも立ち会ってもらうようにした方がよいです。第三者である工事業者が同席することで、認識のズレに起因するトラブルの発生を回避できるようになります。

賃貸契約の退去時に関して

空き部屋

現状回復は、単に建物を元の状態に戻すことではなく、経年劣化などを考慮に入れた範囲での修復のことを指します。線引きが非常に曖昧なため、トラブルも多いので、知識として最低限のことは知っておく必要があります。

問題のない状態に

ヘルメット

賃貸物件の借り手は、退去時には次の借り手が問題なく使用できる状態にしておく必要があります。困難な場合は、貸し手によって原状回復工事がおこなわれますが、費用は借り手が支払います。ただし傷みの原因が借り手にはないこともあるので、因果関係を明らかにするため、入居時には物件内の確認をしておくことが大事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加