作業者

賃貸住宅の退去後は現状復帰の必要があります

問題のない状態に

ヘルメット

清掃や設備の修理

賃貸物件は、きれいに清掃し、設備などもしっかりと使うことのできる状態で、貸しに出されます。たとえ中古でも、大きな汚れや破損箇所などがなく、借り手は問題なく使用を開始できるようになっているのです。だからこそ借り手は退去時に、賃貸物件をまさにそのような状態にする必要があります。ホコリやシミなどは除去し、設備が故障していないかどうかを確認して、退去するのです。問題があった場合には、原状回復工事をおこなうことが必要となります。とはいえ問題の大きさによっては、個人では対処できないこともあります。そのため原状回復工事は多くの場合、貸し手がおこなうことになります。次の借り手が気持ち良く使用を開始できるようにと、清掃会社やリフォーム会社などに依頼するのです。

因果関係を確認

貸し手が業者に原状回復工事を依頼した場合でも、その費用は元の借り手が支払うことになります。原状回復工事をしなければならなくなった原因が、元の借り手にある以上、費用の支払いによって責任をとる必要があるのです。とはいえ、原因の全てがその借り手にあるとは限りません。年月の経過や、以前の借り手の使い方が原因となっていることもあるのです。したがって原状回復工事では、その因果関係を明らかにすることが大事と言えます。そのため貸し手は賃貸物件を貸しに出す前に、借り手は入居した直後に、それぞれ物件内の隅々まで確認する必要があります。こうしておくことで、退去時にはそれと比較しながら原状回復工事を進めていくことが可能となるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加